日商エステムが利用しやすい理由

投資にはいろいろなかたちがありますが、不動産の運用によって利益を考えていくのが不動産投資の大きなポイントになってきます。いかにメリットを生かしていくのかが求められてきますが、ひとつの物件に対してどれだけ多くの部屋数があるかも差が付く部分です。マンション経営が不動産投資のメリットになりやすいのは間違いありません。ですが、マンション経営になれば、不動産投資の難易度はさらに向上していきます。戸数が増えれば投資額は大きくなり、それだけリスクも増大することになるからです。問題は、このリスクをどうやって下げるのかになってくるでしょう。賃貸管理サポートをしている日商エステムなどの代行サービスを受けるのは、リスクを下げる点において非常に有効だといえます。

日商エステムには、充実したサポートシステムがあります。グループ会社には、賃貸管理を専門とするエステムプランニングがあり、マンション経営のあらゆる業務に対してサポートする体制を整えています。。日商エステムのエステムプランニングが展開しているサービスは、利用するために費用がかかりますが、管理代行に関して成功報酬的な設定ができるなど特徴があります。成果が上がっていくと費用も大きくなりますが、あまりに成果が見られない場合は、日商エステムのサービスそのものがマンション経営の上でリスクとなってしまわないような工夫だといえるのではないでしょうか。管理料金に関しては、成約賃料に対して5%という設定が用いられています。かなり低額な費用であることがわかるでしょう。

契約期間に関しては、日商エステムでは賃借人の契約期間と同様に設定されています。つまり、途中で解約されたとしても、日商エステムの契約だけが残ってしまうようなリスクがありません。「契約」や「代行」という単語を聞くと、なんとなく不安に思う人もいるかもしれませんが、日商エステムに限って言えば母体の大きさからも信頼しやすいのではないでしょうか。新たな入居者が見つかって契約成立するたびにスタートしていくことになるため、プランの見直しもしやすくなるでしょう。日商エステムだからこそできる方法として、さまざまな利益が実感できるのではないでしょうか。

礼金と敷金の扱いもしっかりとしており、業務手数料や広告料といった費用に関しては礼金からしか引かれるだけのようです。敷金はもともと性質的に異なるものであり、元来は退居時の原状回復における修繕に使われる費用なのだそうです。なので、日商エステムでは、その他の費用にあてがわれるようなことはないそうです。このように徹底した線引きもサービスの明瞭さ、信頼度につながるポイントで、日商エステムの利用しやすさの一つといえるのではないでしょうか。